サイトマップ | コンテンツ
banner

オーナーの許可

合同会社の設立にはオーナーの許可が必要

合同会社を設立する時に必要なのがオフィスです。オフィスと言っても大きな事務所が必要だというわけではありません。事務所があれば理想的ですが、規模の小さい会社なら、自宅を事務所にすることもできます。わざわざ賃貸オフィスを借りるよりも、自宅をオフィスにした方が安上がりです。

合同会社を設立したばかりの時には、何かとお金が必要ですから、少しでも安くしたいと考えるのは自然なことでしょう。自宅に本格的なオフィスを作る必要はありませんが、とりあえず登記のための住所として自宅を使うのは良い方法だと考えられます。

持ち家で一戸建て住宅を持っているのなら、自宅を本店所在地として登記することは可能です。しかし、賃貸の場合にはできない場合があります。賃貸の場合、オーナーが認めてくれなければなりません。オーナーが認めてくれるかどうかと言うのはそれぞれの考え方によりますが、全体的に見れば、あまり好まないようです。

その理由はいくつかありますが、合同会社があると、不特定多数の人がそこに訪れる可能性があります。それがマンション内でトラブルになることがあるかも知れません。このようなこともあって、オーナーの多くは合同会社の設立を嫌います。

実際には自分一人しか働かないのであれば、このようなことはないでしょう。それをオーナーにアピールして説得することは必要かも知れません。場合によっては塚料金を支払わなければならないこともありますが、これはそれぞれのケースによって異なりますから、問い合わせてみる価値はあるでしょう。どちらにしても、賃貸の場合には合同会社の設立の時に何らかの交渉が必要となるのです。

持ち家なら良いかというと、一戸建てなら良いのですがマンションならうまくは行きません。マンションの場合、管理組合がありますから、管理組合の許可を取らなければなりません。多くの場合には管理規約で禁止されていますから、現実的には難しいと考えておいた方が良いでしょう。

管理規約ではたいてい禁止されています。明確に禁止されていないとしても、不特定多数の人が訪れるような使い方が禁止されている場合、合同会社の設立はこれに該当すると考えられますから、やはりできないことが多いと考えておくべきでしょう。

マンションに合同会社を設立しようと思っているのであれば、まずは管理規約がどのようになっているのかを確認すると良いです。もしもできなければ別にオフィスを持つ必要があります。

Copyright(c) 2015 合同会社の設立と運営の方法についてAll Rights Reserved.