サイトマップ | コンテンツ
banner

組織の意思決定

合同会社の設立と組織の意思決定

合同会社を設立した後には様々な意思決定を行っていかなければなりません。合同会社としてどのようなことを行うのかを決めていかないことには経営を行うことはできないでしょう。

合同会社ではどのようにして行っていくのかを把握しておかないと、それが原因で後からトラブルになることもありますから注意が必要です。

合同会社を設立する際には常務執行社員を定めることができます。常務執行社員を一人だけ定めることもできますし、複数定めることもできます。

複数の常務執行社員がいる場合には、基本的に過半数の賛成によって決定することになります。たとえば2人いる場合には、過半数ですから両方が賛成しなければなりません。3人の場合には2人が賛成しなければなりません。1人の場合にはその人が決めることとなります。

常務執行社員を定めなかった場合、日常的な業務はそれぞれが判断することとなります。わざわざ会議などを開催せずに単独で決めることができるという点に注意が必要です。ただし、それらの常務が完了する前に別の社員が異議を唱えれば、過半数の賛成によって決定します。

法的にはこのようなルールが定められていますから、まずこのことを把握しておきましょう。1人だけで合同会社を設立する場合にはその人が意思決定を行えば良いですからあまり気にする必要はありませんが、複数の人が出資する場合にはこのような点に注意しなければなりません。

たとえば、意見が対立して経営を行うことができなくなってしまうこともあり得ることでしょう。そうなると会社が立ちゆかなくなってしまうこともあります。このようなことを避けるためには、定款によってきちんと定めておくのが良いです。

合同会社は定款を作成する際の自由度が高いですから、たとえば代表社員のみが決めるといった形にしておくのも良いですし、複数の人であっても特定の人達が意思決定を行うと決めておくこともできます。このようにすることによって、合同会社の石家体をスムーズに行うことができるでしょう。

規模の小さい会社はいろいろな面で大企業には劣っていると考えられますが、優れている点は経営のスピードです。規模が小さいですから、方針転換を行うのも簡単ですし、迅速な経営判断を行うことができます。
このメリットを最大限に生かすためには、迅速に意思決定ができるような制度設計を行うべきでしょう。それができることが合同会社のメリットなのです。

Copyright(c) 2015 合同会社の設立と運営の方法についてAll Rights Reserved.